切らないワキガ最新レーザー治療|精美スキンケアクリニック【東京】

小岩 皮膚科の精美スキンケアクリニック
江戸川区 小岩 皮膚科の精美スキンケアクリニックへのお問合せ江戸川区 小岩 皮膚科の精美スキンケアクリニックへの資料請求
精美スキンケアクリニックのスマートフォンサイト
精美スキンケアクリニック
無料メール相談
資料請求
電話でのご相談
診療案内
クリニック紹介
ドクター紹介

旧来のワキガ治療法

切る治療

皮フ切除法

臭いを発するワキの下の有毛部を切除して縫い縮めるという方法です。かなり大きなキズ跡が残ります。日常生活に支障をきたすため、患者様にとっても苦痛は少なくない方法といえます。術後しばらく(数年)は手が上げにくくなる場合もあり、近年ではあまり行なわれていません。
皮フ切除法

皮フ組織削除法

ワキの下の皮フの一部を切開し、特殊な器具(一方の先端に鋭い刃、他方にローラーがついたハサミ状の器具)を挿入し、皮下のアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺をえぐり出す方法です。

キズ跡は皮フ切除法よりも小さいものの、術後には厳重な圧迫固定が必要など、患者様に与える苦痛は少なくありません。また、施術時に直接、汗腺の残存を確認できないため、汗腺を全て取り除けず、効果は不十分と言えます。

直視下剪除法

ワキの下の皮フを5cm程切開し、そこから皮フをめくって裏返し、直視下(医師が目で確認)にアポクリン腺とエクリン腺を除去します。 重度のワキガに対して確実性の高い方法ではありますが、術後のキズ跡など美容面の問題、十分な安静期間など、患者様への負担は必ずしも軽くはありません。

超音波吸引法

ワキの下の皮フを数ミリ切開し、脂肪吸引などで用いる直径2ミリ程度の超音波を発振する管(ハンドピース)を入れ、アポクリン汗腺を砕き、吸引する方法です。患者様への負担は少ない方法ですが、汗腺を全て取り除くことができず、再発もあり、効果は不十分な場合が多い方法です。
クリニックの地図
託児所のご案内 お子様のワキガ お子様のムダ毛治療 お子様のアザの悩み お子様の白斑の悩み お子様のニキビの悩み 院長ブログ メンズ精美 江戸川区小岩の皮膚科へのご連絡 音声案内 未成年の方へ


閉じる